葛飾区の人口増加と不動産買取の利点について

葛飾区は人口が増加している東京23区の一つです。

葛飾区では、1970年の人口は約46万3千人でしたが、1975年頃から人口が減り、一時期は約42万人まで減少しました。

しかし、下町情緒が残る街でもあり、多方面から葛飾区に移住する人が増えており、2016年10月時点では44万7千人まで増加しています。

人口増加は今後も続くと言われており、葛飾区内では不動産取引が活性化しています。家を売る時には仲介業者と媒介契約を結び、購入者を探し出して貰う事になります。


仲介業者は売買契約が締結すると、売り主と買い主側などから仲介手数料を受け取る事が出来ます。
家を売る側にとって仲介手数料は高額な費用になるため、予めどのくらいの金額になるのかを把握しておく必要があります。



これに対し、不動産買取の場合は、不動産会社が家を買取する売却方法になるので、仲介手数料などを支払う必要がありませんし、不動産登記費用などは原則購入側が負担をするので、不動産買取の場合にかかる手数料と言うのは、住宅ローンの事務手数料などになります。不動産買取は、仲介業者を利用して売却する時よりも短期間で家を売る事が出来ると言うメリットがあります。



但し、買取価格は仲介業者を利用する場合よりも若干安くなる傾向を持っています。尚、不動産買取を利用して売れた家と言うのは、中古物件として販売が行われるケースや広い土地などの場合には、家を取り壊し、土地を幾つかに分けて建て売り住宅用の用地とするケースなどがあります。